ごあいさつ

岩田 利雄

第62回全国国保地域医療学会の開催にあたって

千葉県国民健康保険団体連合会 理事長
公益社団法人千葉県国民健康保険直営診療施設協会 会長
岩田 利雄(千葉県:東庄町長)

 このたび、第62回全国国保地域医療学会を千葉県で開催するにあたり、主催者である千葉県国民健康保険団体連合会及び公益社団法人千葉県国民健康保険直営診療施設協会を代表して、国民健康保険診療施設並びに国民健康保険関係者の皆様方に一言ごあいさつを申し上げます。
 はじめに、未曾有の災禍の中、患者の治療や地域医療の確保等に日々御尽力されている皆様方に深く敬意を表しますとともに心より感謝申し上げます。
 さて、国民健康保険制度は、国民皆保険制度の根幹として地域住民の健康保持・増進に貢献しておりますが、少子高齢社会や人口減少の進行、医療技術の高度化に伴う医療費増加により、その財政は今まで以上に厳しい状況が続いております。国民健康保険診療施設においては、経営の効率化や地域偏在による医師・看護師不足など厳しい状況の中、取組んでこられた地域包括医療・ケアの経験とノウハウを活かし、誰もが住み慣れた地域で安心かつ自分らしく暮らせる地域社会に向けて重要な役割を担っております。
 新型コロナウイルス感染症の影響を受け3年ぶりの開催となる本学会では、メインテーマを「コロナ・自然災害時代のニューノーマルを見据えたこれからの地域医療構想、地域包括医療・ケアの展望」と掲げ、日頃の取組や研究の成果を発表し、新しい時代の持続可能な地域包括ケアシステムの構築について活発に議論されることを期待しております。
 また、三方を海に囲まれ温暖な気候であり、農業、漁業に加え、酪農、醸造が盛んな食材の宝庫である千葉県は、日本の玄関口である成田国際空港、世界的に有名なテーマパークがある一方で、往時の面影残る歴史的町並みや豊かな自然に囲まれた里山の景色を御覧いただけます。ぜひこの機会に千葉県の魅力を堪能していただきたく、皆様方を心よりお迎えしたいと存じます。
 結びに、本学会の開催にあたり多大なるお力添えをいただいております関係者の皆様方に深く感謝を申し上げますとともに、実り多き有意義な学会となりますことを御祈念いたしましてあいさつとさせていただきます。